アーガイルディッシュ(Argyle Dishes)

アーガイルディッシュロゴ

アーガイルディッシュの安全性とは

「アーガイルディッシュ」は私達が口にする食材と同等の安全性の高い原料を使用して作られています。 オーガニック認定されていない商品であっても、オーガニック原料や安全でナチュラルな原料を努めて使用しています。

オーストラリアは固有の動植物を守るため、輸出入の水際や、入国時の空港での検査など、厳しい動植物検疫でも有名ですが、国内においても州間・州内での家畜の移動に検査官の監督が伴うなど厳しさにおいては外からだけでなく国のなかにおいてもレベルの高い国です。また、農産物はもとより家畜においても農薬・化学物質の残留基準が設けられ、検出されると州法により罰せられます。つまり家畜が口にする草や飼料により体内に残留する化学物質にも規制があるということで、アーガイルディッシュに使用している肉はこの規制のもと安全性が約束されたものということになります。またオーガニック製品で使用している有機肉は安全性においてはこれを上回るものがないことが公に証明されているということになります。

アーガイル・ディッシュには一部ニュージーランドの原材料を使用しておりますが、オーストラリアとニュージーランドは食品・農水産分野において食品安全局を設立し、共通の安全基準を設けています。

また、オーストラリアはBSEや口蹄疫未発生国であり、1960年代から牛・羊ともにトレーサビリティシステムで管理されており、動物衛生管理の厳しさの歴史が証明しているといえます。

犬と少年

体に取り込む必要のないものは使わない

生産ごとに調達する、アーガイルディッシュの生の原材料は、品質が確かで、充分においしい素材です。ドライフードは嗜好性を高めるために後から動物性脂肪を加えることがありますが、アーガイルディッシュはこのような動物性脂肪・酸化防止剤や保存料などの体に取り込む必要のない間接的素材を使用せず、鮮度を追及したフードです。

安心のACO認証マーク
ウィステリア・アダルトとエバーラスティング・シニアには、
安心のオーストラリアオーガニック認証マーク「ACO認証」が刻印されている

アーガイルディッシュの賞味期限について

アーガイルディッシュドライフードの賞味期限は、市販されている他の商品に比べると大変短く、驚くお客様もいらっしゃるかと存じます。また、このような商品は不便だと感じられる方もいらっしゃるかと存じます。その「利便性」においてご不便をおかけしております。

「安全性」・「新鮮なおいしさ」・「利便性」のバランスを目指しながらも、アーガイルディッシュでは「安全性」と「新鮮なおいしさ」を優先した結果、「利便性」に関与する賞味期限(おいしく食べられる期限)を短く(犠牲に)しております。もともとドライフードとは何十年もの間、「利便性を兼ねた保存食」の観点から作られてきたフードではありますが、現在私達と同様に新鮮な野菜、肉、魚などを食べさせたいという考えのお客様が多い中、ベースとなる総合栄養食としてやはり安全性やおいしさを兼ねたドライフードをご提供したいとの考えで、あえておいしく食べて欲しい期限を賞味期限に設定致しました。このように従来のドライフードに対する考え方とは大きく異なった性格の商品であるとご理解いただきたく存じます。

●賞味期限が残り1ヶ月でも十分美味しく食べていただけます。
●日本の農家様のご苦労と同様にオーストラリアにおいてもオーガニック野菜や肉、穀物を作る農家様も大変努力をしていらっしゃいます。
その実りをむだにせずに日本の愛犬・愛猫に食べて欲しいとの願いから年3-4回の限定生産をしております。
(1回の生産量は極力少ない量にしてはおりますが手作りとは異なるため最低の生産量にも限りがあります。)

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

43