ルポ(LUPO)

ルポナチュラル・マーカスミューレ

製造ポリシー

品質重視

LUPOは15ヶ国に商品を提供しています。
製粉業をしていたJosef Olbertsniによって、約50年前に現在の基礎が築かれました。
経営哲学は「In harmony with nature」「自然と調和」
この哲学が会社の基本方針の中心となって商品開発から行っています。
天然素材を使用すること・動物実験を行わないこと・GM(遺伝子組み換え)フード・人口添加物を使用しないことをポリシーとしています。
地元住民を雇用し、CO2排出量を削減するために水力発電により商品を製造しています。

水車小屋
エコ活動にも積極的。「水力発電」

彼らの考え方は全て愛犬目線。他国への輸送についても、冷蔵コンテナか飛行機便を指定されます。
また、各国の取り扱い代理店に対し、どこでも契約するわけではなく販売する側にも選ぶ権利があることを主張します。
つまりそれだけ製品に対する愛情が詰まっているのです。

コールドプレス製法の特徴

特別な製法「コールドプレス製法」を用いています。加熱温度は50度以下なので、酵素やビタミン・ミネラルを損傷させにくい製法です。また、一般的なエクストルーダー製法で製造しませんので、圧縮・加熱による栄養素の損失もありません。

エクストルーダーとの違い
コールドプレス製法は沈みます。そして、最終的にはドロドロになります。

コンテナ輸送
輸送は冷蔵コンテナか飛行機便を指定されます

ルポ・ナチュラルとマーカスミューレの違い

・マーカスミューレーにはベニソントライプミールが入っています。これが何より「食べる」の理由の一つです。
・マーカスミューレはルポが一番最初に作った商品ですので、内容が少し穀物が多い事になっています。
・マーカスミューレーはルポナチュラルに比べると粒(キブル)が大きい。しかし、砕けやすいのはマーカスミューレーです。
・ルポナチュラルはビタミン・ミネラルまで添加していない、本当の無添加のドッグフードです。
・ルポナチュラルはチキンでも、スイス産チキンを使用しています。日本でいう「名古屋コーチン」みたいな物で、非常に高級なチキンです。放し飼いで飼料も有機栽培したものしか与えていません。
・ルポナチュラルはフィッシュを使用しています。但し季節に捕れる魚を使用しています。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

8