犬にペットフードを与える際のポイント

を飼っているみなさん、ペットフードを与える際に何か気をつけていることはありますか。
こちらでは、ペットフードを与える際に気をつけたいポイントをご紹介します。

美味しそうにペットフードを食べているとついたくさんあげてしまうという方もいらっしゃいますが、それが愛犬の健康に繋がるわけではありません。野生だった頃の犬は、自分たちで狩りをして獲物を食べていました。狩りが失敗する日もあり、何日も食べられないということも多々あったのです。
そのため、食べられる時になるべく食べておくといった習性があります。全部食べているからといって足りないわけではないのです。一般的な量の目安はパッケージの後ろなどに記載されていますが、小食の犬もいれば、大食いの犬もいます。愛犬の様子を観察しながら適量を与えるようにしましょう。

時間

毎日同じ時間に与えることが良いことのように思われている方もいらっしゃるかもしれません。朝と夜にペットフードを与えるというのは良いですが、朝7時と夜7時などきっちり時間を決めてしまうのは良くありません。そうすることで犬の体内時計がペットフードの時間を覚えてしまい、その時間にまだペットフードが与えられないと要求吠えをする可能性が高まってしまいます。2~3時間の範囲で時間を変えて与えるようにすることが大切です。
また、家族のご飯よりも後に愛犬にペットフードを与えることで、服従心を高めることができます。

アレルギー

人間と同じようにアレルギーを持っている犬も中にはいます。タンパク質や炭水化物のアレルギーが多いのですが、犬によっては市販のペットフードに入っている添加物でアレルギーを起こすこともあります。いつもとは違うペットフードに変えた時は特に注意して様子を見ることが大切です。もし、異常が見られた場合は、そのペットフードを与えるのを止めて病院に連れて行きましょう。

当店では、通販サイトを運営しております。ペットフードを販売している通販サイトは数多くありますが、当店の通販サイトでは、自然素材を使った安心・安全ナチュラルフードを取り扱っておりますので、愛犬や愛の健やかな成長を願う飼い主さんにピッタリです。