犬がフードを食べない理由

愛犬の食事管理は飼い主さんの役目ですが、中には思うように食べてくれなくて悩んでいる飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか。私たち人間にも小食の人や大食いの人、3食きちんと食べる人、1食しか食べない人など、様々なタイプがいます。犬も私たち人間と同じように様々なタイプがいるのです。

犬にも好き嫌いがある

ひとことでドッグフードと言ってもいろいろなものがあります。子犬用・成犬用・高齢犬用の他にも肥満犬用などといったドッグフードがあります。飼い主さんは、愛犬の年齢や犬種によってドッグフードを与えていると思いますが、愛犬がなかなか食べようとしないこともあると思います。
その時、どうして食べないのか分からずに困ってしまうこともあるでしょう。犬がフードを食べないのにはいくつかの理由があります。そのうちの1つが「わがまま」です。食べること=生きることというのは、犬にとっても言えることです。食べなければ生きていくことができません。
愛犬がフードを食べないと心配になり、とにかく何か食べさせなければという気持ちになり、おやつを与えてしまう飼い主さんもいらっしゃると思います。そうすると犬はいつものごはんを食べなければ、後で美味しいものがもらえると学習するのです。
愛犬の健康のためには、時には厳しくしつけをすることも大切です。ただ、犬がフードを食べない理由には、病気の場合もありますので、飼い主さんは愛犬の様子をしっかりとチェックする必要があります。

食べない時はどうすればいいのか

元気そうで病気というわけでもないのにフードを食べそうにないと思った時は、すぐに食事を片付けてください。次の食事もさっきと同じものを出し、食べない場合はまた片付けてください。この間、フードを食べなかったからといってジャーキーなど、他の食べ物を与えないようにしましょう。食べるまで繰り返し同じフードを置きます。成犬の場合1日食べなくても死ぬことはありませんので、1~2日食べていないからといって心配は要りません。

ドッグフードはペットショップだけではなく、通販でも手に入れることができます。通販でドッグフードの購入をお考えの方がいれば、当店の通販サイトをご利用ください。ナチュラルフードも多数取り揃えておりますので、愛犬にピッタリのものを見つけることができます。